「知らせる」という対応によって 修得されているのかもしれない

おっさんオヤジ4個々で毎月飲んである。皆も会社で良いパーツについていて、ゴルフをやっているみたいです。なので、各回誘われるのですが、何せやった事が無いので二の足を踏んである(苦笑い)。

過日の夏に飲んだ場合、そちらでもゴルフの話しが出ました。そして、とうとうこの秋に決めるかという言い出しになってしまいました(苦笑い)。まだ本決まりでは無いですが(笑)。

それを見越してか友だちが古めかしいゴルフクラブセットをくれました。挨拶に近くのラーメン屋氏でラーメンを奢りましたが(スマイル)。

必要が忙しくてゴルフの実践もしていないです。本当にやる事に断る事も出来ないので「よっしゃ〜どうしよう」という感じです。

でも、楽しいは聞いてはいますのでちょっと注目は有ります(スマイル)。

B様には、インタラクティブデザイナーになってほしいな。

もともとexcelとかAccessとか強かったから、

絶対データ系統強い筈なんだよなあ。

たぶんB様もPHPとかJavascriptとか

私より絶対強くなるというんだが。

まあ最初は誰でも表面から加わるので、

今は形状系統目差すとか言うと想うが、

たぶん絶対PHPとかやんなきゃならなくなった瞬間、

どうするかだよな。

多分彼氏はデータ系統に行くという。

その方が不可欠は圧倒的に高いし。

男性は「我」とか「事情発想」がないと、

形状系統はきつい。

誰も独自なんてしてくれないから。

とにかくです、

多分私は教えるのが本能的に好きで、

更にいうなら、

教えているようで教わっていらっしゃるケースの方が

圧倒的に多い。エマルジョンリムーバーで毛穴とニキビ対策